尿中セシウム測定について


尿中セシウム測定について

過日、三田医師より尿の測定に関して重要な忠告を頂きましたことを、ここにお伝えいたします。
尿中セシウムを測定する際に、現在、市民測定所にて行われている多くの尿中Cs測定において、単位はbq/Lとしており、採取方法も量を得るためにまちまちになっているかと思います。が、CCr検査に準拠するにおいては、bq/dayないしbq/hで統一の必要があるのでは、との事です。

たとえば一日採取なら時間を厳密に決め、スタート時間直前に一度排泄を行い、測定の為の量を取りたいという場合は、きちんと採取日数を増やして計算上で割り戻しを行うようにすれば良いとのことです。また、蓄尿中の行動記録などは特に必要ないとは仰っていました。
参考:クレアチニンクリアランス, CCr(Creatinine Clearance)
http://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/teibun/ccr.htm

これらが守られていない検査の場合、被ばくバイオアッセイ法としては医学的説得力が失われるため、裁判においても測定結果ごとリジェクトされてしまう可能性も示唆されていました。(放管の友人は電離健診のバイオアッセイ法には尿検査と血液検査だと言ってましたので血液検査も出来れば尚良いだろうとは思います。)

以上、一定の統制をかけて測らなければ、公的な信頼がある結果として承認されないという…つまり土壌の測定と同じことだと思います。また、同一人物の尿検査であっても、これを守らなければ測定条件が変わってきてしまうため、比較検討できなくなってしまいます。
測定所さんごとに状況は違うと思いますが、是非ご検討くださいますよう。

他、参考

「あざらしサラダ」さんのブログ

http://azarashi.exblog.jp/20109805/

「おのみち-測定依頼所-」の測定員のブログ

http://onomichi-labo.blogspot.jp/2014/08/in2014.html

What's New

2014年9月25日 尿中セシウム測定についてのページを設置

2014年9月25日 ニュース を更新

2014年8月28日 上映会特設ページを設置

2014年5月21日 土壌汚染調査計画ページを更新

2013年8月20日 子ども被災者支援法ページを設置

2013年3月18日  トップページを更新

2012年12月5日 選挙特設ページを更新 

2012年8月14日  市民測定所ページを設置  

2011年11月3日 リンクⅡを更新

2011年11月3日 リンクⅠを更新   

2011年11月3日  ギャラリーを更新 

2011年10月16日 データベースを更新